産前・産後ヘルプ事業


ページ番号1004952  更新日 平成31年4月10日


産前・産後ヘルプ事業

[画像]掃除のイラスト(9.4KB)

妊娠中、または産後間もない時期に、家事や育児が困難なお母さんの不安や負担を軽減するために、支援者が自宅に訪問し、家事(調理・洗濯・掃除等)や育児の援助を行う事業です。

「体調が悪いのに、子育てがうまくできるか不安」「つわりがひどくて、上の子の相手ができない…」など、家事や育児に不安を抱えているお母さんは、お住まいの保健センターまでご相談ください。

対象者

あま市に住所を有し、日中困ったときに家族等から支援が受けられない方(世帯)で、次のいずれかに該当する方

(1)妊娠・出産による体調不良(※)などにより家事、または育児について援助が必要な妊娠中、

   もしくは産後12週以内の方

(2)多胎児を出産した産後24週以内の方

※体調不良とは、「切迫早産」「重度の貧血」「重度のつわり」や妊娠・出産によるうつ症状など、妊娠・出産に起因するものとなります。妊娠・出産に起因しない風邪などは除きます。

利用者負担金

1時間 700円

※生活保護世帯、市町村民税非課税世帯に属する方は無料です。

※当日キャンセルの場合は、キャンセル料(700円)が発生します。

※利用による原材料等の実費相当額が別途必要となります。

※利用負担金等は支援者へ直接お支払ください。

利用日時

月曜日から金曜日(祝日と年末年始(12月29日から翌年1月3日)は除きます)

午前8時30分から午後5時まで

利用期間

1日連続2時間以内(1時間を単位とします。)

また、対象者の区分に応じて利用時間に限度があります。

対象者

利用可能時間
妊娠中の方 20時間
産後(多胎の場合を除く)の方 30時間
産後(多胎の場合)の方 50時間

サービス内容

家事援助 調理、洗濯、掃除・整理整頓、買い物等
育児支援

授乳の手伝い、おむつ交換の手伝い、沐浴介助、きょうだい児の遊び相手、その他

※家事や育児について、一部援助できないものがあります。詳しくは案内チラシをご覧ください。

利用手続き

事業の利用にあたっては、事前に申請が必要です。希望される方はお住まいの保健センターへご相談ください。

申請から利用開始までに1〜2週間程度かかります。

【必要書類】

(1)申請書 (2)印鑑 (3)母子健康手帳 

(4)生活保護または市町村民税非課税であることを確認できる証明書(必要な場合のみ)(※1)

※1 (4)について、生活保護世帯または市民税非課税世帯の方で、あま市に関連情報がない方は、提出が必要となります。

※2 申請理由に変更が生じた場合は、書類を提出した保健センターまでお知らせください。

担当窓口

甚目寺保健センター 電話:052-443-0005

七宝保健センター  電話:052-441-5665

美和保健センター  電話:052-443-3838


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


市民生活部 健康推進課
あま市西今宿馬洗46番地
電話:052-443-0005 ファクス:052-443-5461


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Ama City, All Rights Reserved.