認知症カフェ運営補助金制度


ページ番号1005653  更新日 平成31年4月8日


あま市認知症カフェ運営補助金制度について

 「あま市認知症カフェ運営補助金」は認知症カフェを運営する団体に対して、その運営に係る事業費の一部を補助することで、経営の安定化及び参入促進を図るための制度です。

対象団体

 市内で認知症カフェを開催する団体で2カ月につき1回以上かつ1回につき2時間以上開催すること。かつ認知症に係る専門知識を有する者として・医師・保健師・看護師・社会福祉士・精神保健福祉士・認知症地域支援推進員・認知症キャラバンメイト等認知症に関する知識を有する者を1人以上配置すること。

事業内容

 事業は次に掲げる要件を全て満たすものとする。
(1)認知症の者及びその家族が気楽に集い安心して過ごせる場所の提供
(2)認知症の者及びその家族の相談に対する適切な支援
(3)地域住民が認知症の者及びその家族と出会う場所の提供
(4)地域住民への認知症や認知症ケアに関する知識の提供
(5)介護者同士などが気楽に交流できる場所の提供

関係書類


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


福祉部 高齢福祉課 地域包括支援センター 【甚目寺庁舎】
あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3159 ファクス:052-443-3555


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Ama City, All Rights Reserved.